FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
茂原八幡神社 周期祭礼
9月15日(日)茂原八幡神社、秋季祭礼です。今年も通称1トンと言われる大きな神輿を苦しみながら担いできました。
IMG_3455.jpg

この写真は夕方6時ころのものです。朝の9時40分、八幡神社の宮だしから、本町、森川町、浜町、野巻戸、駅前、榎木町、通町ときて夕方の6時ころに昌平町に入った時の写真です。
台風18号の影響で朝のうちは土砂降りでした。そのせいか、芸夫(神輿和担ぐ人の呼び名)が例年より少なく残った人たちはその分大変でした。

IMG_3461.jpg

写真の一番右側に私が映っています。苦しそうな顔をしていますが、本当に苦しかったです。朝の雨は昼には上がり午後は晴天の中、暑さも加わりました。写真に写る皆さんもいい色に焼けています。

IMG_3482.jpg

お手伝いを頂いた樋口さんとに写真です。樋口さん有難う御座いました。
詳しくは私のホームページをご覧ください。
スポンサーサイト
[2013/09/21 18:49] | 地域振興 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
千葉県防災危機管理センター見学
8月27日(火)千葉県庁内に設置された「防災危機管理センター」を見学しました。
同センターは災害応急対策の中心となる部署です。
一昨年の東日本大震災発生の際、初動体制遅れの反省から、常設の災害対策本部の必要性がありました。

県庁中庁舎6階の中に約520㎡の場所を確保。迅速な初動対応と複合災害への対応を目的にします。
指揮用の大型モニター、各班用モニターはじめ、情報通信設備、衛星回線を敷設。
非常時の発電設備も備えています。
職員が交代で当直しており、365日、24時間即時に対応できる体制になっています。

写真 2013-08-27 13 49 41
また、非常時、公共交通機関が止まった際でも、県庁から徒歩圏内に住む職員70数名が1時間以内に駆けつけ危機対応にあたる体制になっています。
上の写真は災害対策本部用の大型モニターです。その後方には下の写真の様に「被災者支援班」、「石油コンビナート防災本部」、「物資調達班」等の各班別のブロックに分かれています。

写真 2013-08-27 13 49 30


今回は茂原市から社会福祉協議会西部ブロックの方がお見えになり、一緒に見学となりました。
危機管理部の職員から説明を受けている処です。

写真 2013-08-27 14 01 36
[2013/08/30 10:08] | 防災対策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
太陽光発電(メガソーラー)視察
8月22日、札幌市北区のメガソーラー施設を視察に行ってきました。
札幌市が保有する土地の有効活用を目指した公募案件に地元の土屋ホーム(会社名、土屋ソーラーファクトリー)が応募し採択された案件です。

約5ヘクタールの土地に出力2,000kwの太陽光パネルを設置(2メガワットで所謂、メガソーラーです。)
一般家庭の使用電力で650軒分に相当します。全体の姿はしたの写真をご覧ください。
写真 2013-08-29 12 47 07

市街化調整区域内ですから、太陽光を遮る高い建物を隣接して建てられる心配がない事は恵まれています。
また、札幌市が自然エネルギー生産に理解があるために、固定資産税を安くしてもらっているとの事です。
総工事費は約8億円ほど。
土屋ホームは北海道内の大手ハウスメーカーです。北海道の戸建て住宅に適した太陽光発電か効率よく出来るような実験もこの施設で実験を行っています。
メガソーラー1 width="399" height="248" />

メガソーラー2

傾斜したトタン屋根(落雪屋根)と平らな屋根(無落雪屋根)でそれぞれテスト設備も隣接しています。
冬場の一番電気を消費する時期に発電することが重要視されます。
結論から申せば、落雪屋根への設置か、無落雪屋根ならば高さのある、真ん中のタイプが効率よいそうです。

最後にご説明頂いた藤原さんとの記念写真です。
写真 2013-08-22 10 03 35
[2013/08/29 13:20] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
がん治療最前線・国立がん研究センター東病院  視察
8月5日、柏市にある国立がん研究センター東病院を視察して参りました。
東京築地にある「国立がんセンター中央病院」の組織で「東病院」として平成4年に開院しました。
東葛地区のがん治療の拠点で、同地区の「がん診療拠点病院」でもあります。
病床数400床でがん全般にわたり外科的、内科的に幅広い治療を行っています。
新たな外科的な治療や新薬開発と全国でも屈指の医療水準の高さが特徴ですが、その中でも特に放射線治療に大きな特徴を持っています。下の写真が陽子線治療室です。
P1020346.jpg
陽子線とは放射線の一つで放射線とは異なり、体の深い部分でがん細胞に効果があります。
詳しくは私のHPをご覧ください。
http://www.yokobori-kiichiro.jp/

P1020347 加工済

赤い丸印にご注目下さい。金色の板は真鍮の板で陽子線ががんの形で幹部に当たる様に作用します。
更にその上に白い箱のような樹脂がありますが、これが陽子線が体の中のがん細胞に作用する深さを決定します。
P1020341.jpg
P1020342.jpg
この2つの機能により体の深い部分にあるがん細胞に放射線を照射し治療に当たります。
しかし、この陽子線治療は保険診療ではありません。自由診療として1回の治療に約300万円掛かる事が大きな問題です。
P1020352 加工済
[2013/08/06 19:02] | 健康福祉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
被災地、仙台市荒浜の現状
8月1日~2日と仙台市南部の若林区荒浜地区の復興状況を視察して参りました。
多くの方が一昨年の3月11日、仙台平野を津波が飲み込む映像を覚えておられると思います。
海岸から2km以上も内陸まで人家や田畑を飲み込み7百名を超える犠牲が出た地域です。
P1020315.jpg
被災当日、多くの方が避難した「荒浜小学校」です。現在は廃校となっており学校は別な場所に移転しました。
建物を保存して、震災のモニュメントとして残したいと地元は望んでいるようですが、予算の裏付けがなく将来の方向性は未定です。

荒浜地区はその海岸線から1~2kmが津波危険区域として集団移転となります。したがって、被災地区は復興の手が入っていません。
P1020337.jpg
津波で破壊されたままの家が今でも残っています。
また、家が流された土台だけが残されています。
P1020327.jpg
仙台市は復興が早く、すでに集団移転先が確保されました。また、約3千戸の復興公営住宅の建設に着手しました。
荒浜地区の被災者の方々が少しでも早く安定した生活できる日が来ることをお祈りいたします。
P1020328.jpg

[2013/08/06 18:42] | 防災対策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。